お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のゴールデンウィークに、久しぶりに
昔からの男ちもだちに会う。

そう久しぶりでもないのかもしれないけれど、
私たちにしてみれば、相当久しぶりな気がする。

私は、男ともだちが多い。
ぶっちゃけ、女ともだちより多いんだと思う。

その中で、彼らは18歳になりたての頃からずっと友達で
ひんぱんに寝食を共にしていたやつらです。

当時から、彼らは私に男同士的な意気込み、
心意気、つきあいを求めていたように思います。
他の女の子には言わない、求めないのですが、
私には、
「なんでお前が、他の女と同じような事でええねん
みたいな
他の女の人と同じように距離感をたまにはとるフリをして
今日は、お前らにつきあってられないって感じで帰ろうとすると、
ものすごい勢いで違和感を感じられていたような・・・

あいつらは女やけど、
俺らは、そういうつながりじゃないやろみたいな、
男同士の仁義や、つき合い感に満ち溢れ、
客観的には、私一人が女性でありながら、チームで
本当に男づきあいをしていたような

とことんつきあう
というのが鉄則ですから、
お酒を飲むにしても、とことんつきあう
そして、どこかの部屋に行って、最後はみんなでざこ寝をする。

そんなつきあいが、学生が終われば終わるわけでもなく、
私が例え、ヨガを行じるようになろうが、お酒を飲まなくなろうが、菜食になろうが、
それぞれの人生に様々な事が起ころうが、
やはり、続いていたのでした。

結局いまも
さすがに、今は昔のように
寝食ともにして、かなりの時間を共にいる って事はできなくなりましたが。

いつも、あたりまえにいたやつらなので、
あたりまえに思っていたけれど、
大人になって、更に年齢を重ねていくと、
全然当たり前でなくて、とても貴重で宝物だと気づく。

特に、いつまでたっても
結婚しなかった二名と、いつまでたっても再婚しなかった私の三人は、
もともと、学生の頃から他の仲間と比べても仲良しだったので、
特によく親しんだ。

久しぶりに会うなぁ、
私ら三人は、よく一緒にいたなぁと
あたらめた思っていて気がついた。
この三人、血液型みんな違って、A、B、Oやなぁと。

だからなのかなぁなんて。

そんな三人は、
何となく、結婚には不向きな感じが漂っていた。
とてもやさしい三人だったけれど、
何となく、それぞれ、こんな三人の相手は、
なかなか珍しい感じなんじゃないかと、何となく、うすうす
私は思っていた。多分、他の二人は、自分の事いたって普通だと
思っているに違いないが・・・・多分、未だに・・・・・・・

そんな三人も、今は
それぞれパートナーや子供がいる。

私は、それが一番良かったと思っている。

でも、最後まで一人だったのは実は私。

本当はOもBも気にしてくれていた。
Oは、結婚しても、泊まりに来い、めし食いに来いと
いたって普通に家に呼ぼうといつもしていた。
しかも、
「なんで近くまで来ていて来んのじゃー!なんでやねん!」
とマジ切れするくらい、ナチュラルに。

私が結婚したとき、
Bはメールをくれた。
泣けた。

今まで口にしなかったけれど、
結婚したから言ったBの言葉は、
長くつきあってきた ともだちだからいえる
本当の心配と、安心だった。

GWに帰るからと
Bが連絡をしてきた。
それらの連絡やなにかで、
三人いっぺんに見れるようにしてメールのやりとりを最近していて思う。

一言
二言の連絡を
それぞれつづけつつ

その中で、相手の思いをちゃんと受け取っている。

それで充分な分だけ、私たちは一緒にいたと思う。
それぞれの家や人生があっても、
きっとこれらかも、ずっと。



ブログランキング参加中! どうぞ、クリックして下さい!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ


アバヤのウェブサイト
Healing_Space_Abhaya(ヒーリング・スペース・アバヤ)

おすすめCD『MdM』 ~Music deep Meditation~は、
ここをクリック




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。