お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい大丸神戸文化教室での金曜日の午前クラスに先日むかった。

気持ちよく こころと身体の解放と意識のリフレッシュが起こったところで、
私も、
「さぁて、今から夜のクラスまでの間に、何をするかなぁローズ
と、何かと偶発的に出会う日にした。

まずは、いつも水や天然炭酸水に入れて愛飲している はちみつと果汁のソースを
元町商店街に買い求めに向かった。にっこり

そして、その道すがらランチをすることにした。
ヨーガの本を堪能しながらランチでほっこり休憩。

さぁて、これからどうか  と思ったけれど、
「とりあえず、帰ろう」という意見が身体とこころから出てきた。
「えぇ???」と思ったけれど、よぉく、身体とこころの声を聴くと、
それが良さそうだった。

帰路につきながら、私の大好きな筆記用具の替え芯を買いに近くの文房具屋さんに。
最近なかなか求められないので、10本まとめ買い。
また、朝、
帰りに寄ります! と立ち去った別の古い文房具屋さんには、小さな電卓を求めに行った。

そして、目的がない   という状態になった こころに、
こんな時こそ、偶発的な出会いがやってくる・・・・・

ある角でキョロキョロと左右を見回した。
ふと古本屋さんがあるのが目についた。
こんな時には、決まって自分がとてもピンとくる本があったりする。

小さな古本屋だった。
私は、いつものように こころを沈めて、呼吸を整えながら
周囲の本の声を聴くような状態に自分を持っていきながら、
本を見回したり、手に取ったりして、何がそれなのかを少しずつ感じとっていた。

そこで私を待っていたのは
いつも、様々な店で、またオークションでも探し求めている
「ラマナ・マハリシ」の本だったbikkuri01
あまりにも呆気にそこにあって、しばし停止してしまった。
今はまた、再版されていたかもしれないけれど、一時はとにかく絶版で
大変なものです。

しかも、実際に古本屋で見つけたのは初めてのこと。

ラマナの恩寵にしあわせな心地になりながら、今度は落ち着いて周りをみまわした。
武道系の本でも芯のしっかりした本が取り扱ってあった。
合気道の創始者の家系の方の本を手にとり、まさにヨガ道と同じ妙を感じとりながら
それも読みたいと思いつつも、何かピッタリと来るものでもなく、更に周囲を見回すと
専門書が多いことに気づく。
しかも、各分野の辞書系の分厚い本。

私は、ふと   もしかして   と店内を見て回ったけれど、
当然あろうはずもなく、店主の上品な初老の女性に尋ねた。
「スシュルタ本集はありますか?」

「スシュルタ・・・というとぉ・・・・・・どこの国のものですか?インドですかね?」

「はい。インドのアーユルヴェーダや武道などの医学書のようなものです」

「インド人の名前? ないわねぇ・・・タゴールとかなら、その奥にあるのだけれど・・・」


驚いた。スシュルタと聞いて人の名前かと思ったにせよ、インドに限定できた
このご婦人の面相は、インドの旅で寺院で見かけるような日本人によくあるものだった。
しかし、その中でも芯のある方の。インド好きという意味では全くなく、
自分がしっかりある人のそれ  という意味で。

「人ではないんです。ここは、専門書や専門の辞書が多いので、
もしかしたらあるかもと思ったんです。分厚くて、高いものですから」

「残念だけれど」

そして、私はラマナ・マハリシの本を渡した。

「インド、お好きでいらっしゃるのね」

「はい。この人の本は、他にはありますか?」

「ないんですよ・・・人気ですよ。この方の本はいいですね。
中身の写真がまた良い・・・なんとも言えない懐かしい懐かしい感じがする」

「はい。ほんとうに・・・・・」

「インドは何度も行かれたのでしょう?」

「はい」

「私も行ったのよ。若いときには。あなたは、インドがお好きで、
専門書もお探しになっている。お仕事もそのようなことをされていらっしゃるの?」

「はい。ヨガ教師とアーユルヴェーダのセラピストをしています。」

「あら!  そうなの、それは素晴らしいわ!
そういえば、うちの人もヨガをしていたは。私もしてたんですよ?
沖ヨガでしたけれど」

「そうなんですか! 私は沖ヨガではありませんが、国際ヨガ協会というところなのですが、
創成期は沖先生と共に作られたのです。」

「あら、まぁ! なんとご縁のあることで」

「最近では、いろんなものがヨガと呼ばれるようになって、いろんなものが
出てきました。でも、より本質に近いヨガをやろうと思っているんです。
スポーツのように思われたヨガは、他に多くの方がされます。
他の方にもできることなので、私は、私にしかできない事をやることだと。
流行のことをやった方が良いのか?とチラっと思った事もあったのですよ。

でも、それは他の方にもできること・・・・・私には私にしかできない事があるから
流行らなくとも、地道にでもそれをやるのが良いのかなと。」

「そうですよ、そのとおりですよ!
ぜひ、そうなさってください。それが一番です。
本質を守るという事、それはなかなかなことですが、それが一番大切なことです。
あなたがおっしゃるように、自分にしかできないことをする事が一番すばらしい。
あなたのそれこそが天命というものですもの。」

「はい。そういたします。ありがとうございます。また、参ります」

「ぜひ、そうなさってくださいね。楽しみにしています」


そんな本と人との出逢いがあり、私は思いもかけず
「天命」について示唆された。まさに人のうちから神の声。

実は、使命と天命は違う。
詳しいことは、また別の機会にするが、私は使命の時期を終えている。
それも後にわかった事で、死ととなりあわせかと思いつつヨガを行としていた時が
まさにそのときだったようだった。

使命をまっとうするために、ありとあらゆる「苦」を味見していたシナリオだったのか?
と数年前にわかる機会があり、その時に、
使命はもう開花されておりますので ということで、それまでの人生を
振り返り納得したものだった。

使命と天命が別の人もいますが、同じ人もいます

という事だったけれど、私の場合は、アバウトその方向は同じと
その時に既にわかっていた。
そして、その時、私がそこに向かう準備の本格的なスタートとなっていて、
今にいたる、また全てにつながって今日になったのでした。

そして、それが少し落ち着いてきて、
休息の時を持たねば飛び立てぬといわれ、潜伏数ヶ月。
いよいよ、スタートとなった日に、天命の言葉。

前日は、実は籍を入れた記念日だった。
夫は、花を買ってきてくれた。薔薇を中心に頼んでくれたそうだ。
本当は、私はおっさんチックなので、半分はお花もうれしいけれど
質実剛健なところもある私は別の意味では、お花ではない方がと思うこともあるぷぷ

夫は、
「本当はこんなときは、お花でない方がもっと あんたにとってはうれしいのかも
しれんけど、新しいスタートがはじまるからな。
お花にあんたが整えてもらえたらとおもって、お花にした」

と言ったので、意味がわかった。私は流れに沿うていただけだけれど、
夫は、客観的に  ある転換を感じ取っていたのだ。

そうか・・・・・
十数年前、目指して山にはいった時には、どんなことかと思っていた。
こんにち、平々凡々とそこにいることに感謝。
そして、そこに平々凡々といられるからこそ、それは身によくついたことだと思う。
それゆえ、天命になるという事なのだと。




ブログランキング参加中! どうぞ、クリックして下さい!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アバヤのウェブサイト
Healing_Space_Abhaya(ヒーリング・スペース・アバヤ)

おすすめCDは、
ここをクリック



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。