お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自主勉強会に参加された方は、
胚葉のタイプ的には、自分がおおむねどのタイプなのかだけはおわかりになったと
思います。

きっとまた、専門の先生にアドヴァイスいただく機会を得られると思いますので、
もっと詳しくは、先に譲るといたしましても。

私は、タイプ的に外肺葉タイプ

睡眠時間は他のタイプと比べて一番必要。
なぜだと思いますか?
結局、神経や脳を使うことに長けているので、
長けているというのは、使いすぎるので、それを休めるには
他のタイプより、睡眠で、その長けている部分こそ休ませるということもありますが、

中胚葉のタイプより、接合部なども強いとはいえないので、
身体的にも休む事が大事となってくるのだと思います。



なのに、ですよ、、、、、、、、、
なのに、考えてしまいがちなこの外肺葉は、きっと
一番睡眠への導入が難しいタイプでもあるかと思うのですよ・・・・・・・汗;
みなさん、いかがですか?
思い当たる人、アバヤの仲間たちには少なくありませんよね?

長所は最大の短所になりうるし、
短所は、最大の長所になりうると私は思うのですが、
こんなところにも、そんな事がうかがえます・・・・・・・・・・

ですから、腰痛になりがちな人って、
身体が丈夫な人。えぇ

関節や筋肉が他の胚葉よりは、恵まれて強い傾向にある中胚葉のタイプの方は、
外肺葉などよりも、短時間の睡眠でも
身体が復活しやすい。

なので、復活したら、  元気元気で、また動く、働く、無理する。
眠れば、また元気に復活し易いので、大丈夫大丈夫とやってるうちに、
実は・・・・・・・・丈夫がこうじて痛めがち・・・・・


これも、同じような法則ですよね?


内肺葉のタイプの方は、
消化器官が丈夫で働きが活発。

なので、外肺葉のように、未消化物もたまりにくいはず。

なのに、内肺葉タイプの方がちょっぴり  ぽっちゃりしやすいのは・・・・・・・
外肺葉さんなら、
ちょっと不調になると、ウプっとなって食べなれなくなったり、
消化しにくいものだから、他のところにもアンバランスがきて、
食べられなくなったり、食べるのちょっとやめようって感じとれるのが、

内肺葉さんは、平気よ!!
って感じで、食べられるので・・・・・・それがこうじるとぽっちゃりさんになりやすい。



ってことは、

それぞれの利点だからこそ、ほどほどに中庸にするなら、

全部のタイプが、それぞれに弱点をケアできるって事にっこり

一言で済ますようなものではありませんが、
まぁ、今日の話題で言うならば、
外肺葉だからこそ、考えるのはほどほどに、またよく眠りましょう。
中胚葉だからこそ、よく休憩して、行動しなくても考えだけで処理できる事は、してみましょう。
内胚葉だからこそ、食べる事を管理してみよう。食べることではなく、
気持ちがスッキリしたり、身体がスッキリする事でも満足感が得られる事を体験してみましょう。


さらにさらに、自分を調べていくと、
それぞれ、一人一人の傾向がもっとわかってきます。

そのどうもやりにくいとか、どうもコントロールしにくいところには、
バッチフラワーがことのほか役立ってくれます。

上記の点だけで傾向的に言えば、
外肺葉にはホワイトチェストナットで、考えすぎることをコントロール
中胚葉には、自分の身体の限界を自覚できるようにオークでコントロール
内肺葉には、そうですね・・・その傾向の基になにがあるかによるのですが、
 ヘザーやチコリーの方もいらっしゃるかと思います。チェリープラムでコントロール力自体をコントロールするのも良いですね。


そして、三タイプとも、それらのコントロールがうまくいかないわ大泣き
という部分が強ければ、チェリープラムをプラスするのも良いです。にっこり

もっとパーソナルにしていくには、カウンセリングをいたします。
ご希望の方は、ご遠慮なくご一報くださいねheart




ブログランキング参加中! どうぞ、クリックして下さい!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アバヤのウェブサイト
Healing_Space_Abhaya(ヒーリング・スペース・アバヤ)

おすすめCDは、
ここをクリック



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。