お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主勉強会として企画した『自分を知る個性美学勉強会』
みなさま、とっても喜んでくださっていたので、私もとてもうれしかったです。
ご参加くださった方々、本当にありがとうございました。
お手伝いくださった方々も、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。


自己を知るという事は、終わりがありません。
あれこれ思うというのではなく、
より正しく、謙虚に知れば、あれこれがなくなり、腑に落ちてきます。
それは何より、しあわせ感に近づきます。

同じ事に思えても、自分の理解度が変わります。
(アサナも同じです)
理解度が変わるというのは、腑に落ちる深さが変わります。
それは、しあわせ度の深さが変わりますheart

自分
世界
ものごと

全ての捉え方が変わっていきます。


私は、「個性」という言葉の深い意味への理解が、
じわじわ変わっていきます。
人だけではなく、物でも、山でも、木々でも、全ての生き物、世界

私の先生に
「個性美学って、一言で言うと何ですか?」と聞いたとき、
「全て」

と答えられた。

この単純な質問と答えに、個性美学の妙の一端が集約されているように思えます。
インナームーブの今月号で、
解るようになるために、分解するのだという事が説明されていましたね。

分解してポイントを知る。
しかし、それはヴォリュームの中の一つであることに視点を戻し、
また、その全体を知るために分解したポイントを観る、
これの繰り返し、つまりは、常にこの二つの視点を同時に、
切り替えながらもつことなのだって。

ポイントで質問し、
ヴォリュームであるという答えが返ってきたとも言えます。

87(78)の私と46の先生を、
慣れてくると、顔をみないでも想像できるようになってくるかもしれません。

どちらが良いとか悪いとかではなく、
私の才能であり弱点は、いつも視点をいつも「ちょうど」にしてくださっていた。
また、先生がなんとなくで捉えられている事を
詳しく説明して補えることも、時々あった。

もしも、個性美学を深く理解されていない先生だったら、
私はただ、生意気にうつっていたかもしれません。
私にはそんな気持ちはさらさらなく、
「それって何?」
「ちょっと待って、そこでひっかかったら、次が理解できない・・・」
「そこんとこ、もうちょっと詳しく知りたい」
「それ、もう少し詳しく説明するほうがいい」

と、自然に思うわけなのです。
指数的な傾向として、おもしろいくらいに。
それを先生は、個性=才能  として、いつも観てくださり、
いつもそれを伸ばそうとしてくださいました。
しかし、その才能が転じて、ポイントにハマる時には、
「ちょっと間をあけてみたら?」
「もうちょっと、いい加減がちょうどちゃう?」
と「ちょうど」を見失いかけると、手を引いてくださったものですし、
今もそうです。

そして、私には、このような母としての先生も
沢山の叔母や祖母としての先生もいてくださる花
それはみなさんにとっても、そうなのですよ?heart





こんな言葉が何度も出た事の意味を深く理解してください。
少しわかってくれば、人の上にたったような気持ちになり、
人を判断しようとしたり、決め付けたりしようとしてしまいがち。
しかし、人様を観る時には、理解するために観る、それは愛。
謙虚な気持ちを忘れてはならない


人を「分析」する道具として個性美学はあるのではありません。
『自己を知る個性美学』
困った周りの人とうまくつきあうために個性美学を用いている時は、
ちょっと困っている自分を自覚してみましょう。
謙虚になる事を思い出してみましょう。


人様を理解するというのは、分析や判断するということとは、
正反対の事です。

分析や判断には思いやりはなくともできますが、
理解というのには、愛がなくてはなりません。
愛があって理解するのであれば、
人様の利点と才能がそこには多く見受けられるはずなのです。

個性美学は、方法論として用いる事が可能なくらい
すばらしく体系化されているからこそなのですが、
個性美学はさらにさらに深い、愛なのだということを、
どこかにおぼえておいてください。

ちんぷんかんぷんでも、ただ参加して勉強していた私でさえも、
こんな事が言えるようになるものです。
ただただ、今後の企画にも参加しつづけてみてください。

きっと必ず、
私のいう、私でさえ味わえるようになった、
しあわせの世界観があなたにひろがると思っていますにっこり




ブログランキング参加中! どうぞ、クリックして下さい!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アバヤのウェブサイト
Healing_Space_Abhaya(ヒーリング・スペース・アバヤ)

おすすめCDは、
ここをクリック


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。