お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガ・フェスティバルに参加された方は、それぞれの感性で感動や気づきや学びをされていました。
そして、活き活きした表情でお話してくださいます。

参加した、お一人お一人が感じられた事

を、その方の言葉でみなさんにお話していただければ、
周りのみなさまとの共有もできるし、お話してくださる方が、更に、
自分の中に腑に落ちていかれることでしょう。

2008年10月21日のヨガ式リラックス クラスでは、
参加された方が、感想と   印象に残ったお話や学びを 他の方々に伝えて下さいました。

少しまとめてみますので、
他のクラスの方や、ヨガクラスはされていない、こころのヨーガの方々や、
セラピーのアバヤの仲間たちのみなさまにも
シェアして頂ければと思います。

とにかく楽しかったのだそうです。
いつもは、一つのヨーガクラスで自分に向っている。
自分以外のクラスの仲間たちはいて、アバヤのほかのクラスの仲間たちとも
少し交流がある。
でも、もっと多くの仲間たちが、全国にいる・・・・・・
全国のヨーガの仲間たちと触れ合える  という事が、とてもこころに残ったのだそうです。

印象に残った学びは、
「たった一つのアーサナでも、深く行えば、その一つで全身にくまなく影響して整う」
と聞き、あらためて アーサナを丁寧に行う大切さがこころに残った。

胃の大きさは、自分の手のひらをあわせて、少し膨らませた程度なのだという説明を受けて、
自分でそれを作ってみた。
こんなに小さいの?????
全体でもこんなものなのだから、腹八分目がどれくらい少量なのかという事を目で観て
愕然とした・・・・・・わかっているようで、わかっていなかった腹八分・・・・・・・

ヨーガを初めて間がなく、「スキのアーサナ」はやったことがなかったけれど、
説明を聞きながら少しずつやっていた。さすがに足が自力ではあがらなくて、
モゴモゴやっていたら
師範会の先生がやさしく「君たちぃ~   お手伝いしょうかぁ~?」と声をかけてくださり、
丁寧に指導してくださった。
たった一つのポイントを触られただけなのに、スルスル~っと魔法のように
体が自力で上がっていった。筋肉の力が必要なのだと思っていたけれど、
筋肉の力を使わないで上がっていった。すごい!   と感激した。

ネコのアーサナを、指導してもらって、とてもとても丁寧にやった。
呼吸と一緒にとにかく丁寧にやったら、いつもここまで感じられないくらいに
お腹の皮まで伸びる感覚がハッキリした!

etc

自分の言葉で、自分の感じてきたことをみなさんに伝えて頂いて、
この日は、みなさんでヨガフェスティバルで感動したこと、目からウロコで学んだことをシェアしました。

私たちのこころや意思は、伝わるものです。

スキのアーサナを一度もやったことのない、まだ新しい人も
自分なりにできてしまいました。

そして、どうしても「筋肉を使わなければ成らない」という最大の誤解が
「体育」「スポーツ」という教育で身体感覚を身につけてきてしまった私たちの
癖として根強いゆえに、
そこの発想を転換してしまって、身体に馴染むのには時間はかかるかもしれませんが、

その方は、
どうしても腕と肩に力が入り、そこの筋肉を使って自分の身体をあげていこうとされていたのですが、
「なぜ、あがらないのか」
という説明をしたら、ウソのように自力で筋肉の力を使わずに気持ちよく上がった!と
キラキラした瞳で教えて下さいました。

私たちは本来、「できる」のです。
できなくさせているのは、筋肉が「いらんこと」をしているから。
力が入っているところ、緊張しているところの「いらんこと」をやめてみること。

というアドヴァイスがその時、その方にはスルーっと入っていったのです。

そして、その方は普段も肩がこり、また腕や肩に力を入れていらっしゃるそうです。
きっと、普段の生活の中で、   今後
自分が無意識にしてきた、無意識にしてしまっている「いらんこと」に
気付いていかれる一歩になられたかもしれないと思うと、

楽に生きて行ける一歩になるといいなと思うと、嬉しかった。



おすすめCD『『LIKE THE OCEAN』 ~海の瞑想』は、
ここをクリック


ブログランキング参加中! どうぞ、クリックして下さい!






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。