お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須佐神社は、とても田舎にある神社で、出雲大社からなんかも、
車でも小一時間はかかる。

でも、最近は須佐神社を目指してくる観光客の方も増えているとか。
出雲市にあるホテルなどでは、タクシーなどで行くしかない須佐神社ですが、
この距離を行くと相当な価格になるので、須佐神社へのタクシー観光パックをしている
ところさえあるようです。

須佐神社

須佐神社から少し奥にまた進んだところに、風穴があるらしくせっかくだから行ってみようと
少し夕方近くなってきたので、先を急ぎたいけれど、もう一つくらいはいいかと思って行ってみた。

誰もいない・・・・・薄暗い森の中・・・・・閉鎖された茶店・・・・・

時間的には大丈夫なはずなのに、風穴のある木造の建物は閉まっていて、
しかも薄暗く・・・・・    どうなっているのだろう・・・と思いつつ、

そこに、小さなアスレチックのようなものがあったのだが、
それならそれでと、すぐに切り替えて愉しむ旅の友は、少年の顔で向かい
ロープをつかんで滑車で滑り降りるアスレチックをしはじめた。

この暗がりの中、苔むしているような中、
真昼の太陽の下にいるような顔つきで楽しめる君を尊敬するよ・・・・・・

そう思いながら観ていると、私のこころの太陽の光もさしてきてしまったたはー

「わ、わたしもやってみたいポッ

ロープをにぎっているしかない、ちょっと危険なロープすべり・・・・・
ここで手を離したら、高さはないにしても転がって、大変な事になるだろう・・・
でも、やってみたい・・・・・

「ま、待って!」
旅の友は、とりあえず私を制止した。
そして、滑車が行き着く先に先に行った。

きっと、目に見えたのだろう・・・・・・私が「ロープから手を離さない」という一つの行為に
必死になって、降りる事にまでついていかず、
ドカーン! と滑車の最終地点からロケット噴射のようになげだされて、小高いガケの下に
落ちていく姿が・・・・・・・・・

ふふふ、まだまだ若いもんには負けられないと、じぃさんが思うような気持ちで
本当は少しビビりながら滑車からの台から足を離した

ギュルギュルギュルギュル~~~~~
怖楽しいbikkuri01
「ガハハハハハハ! ガハハハハハ!」
戦隊ものの悪者のような笑い声が響いた。      私の怖楽しくてたまらない笑いだった。

「もう一回やるぞグー!

「ガハハハハハ!!   ガハハハハハハハハハ!!!!!!」

苔むした薄暗い森の中に笑い声が響いていた。
とても不自然だった。      

しかたがない、風穴はこれくらいにしよう・・・・・・風穴自体は観ていないけれど・・・・
と車に戻って、超、超アバウトな観光地図を観た。
「風穴は8月の末までって書いてあるわ。夏の間だけなんや」   一ヶ月遅かった。

そこから、もう一つの目的、タラソテラピーでこころと身体のセラピーの宿に向った。

「来た道を帰ったら、すごい遠回りやから、新しい道を行く方がいい」
と言うので、わかっているのだろうと思って、そのナビに任せて走りだした。
ただ、何を頼りにナビをしているのかといえば、やっぱり、超、超アバウトな観光地図・・・

でも、自信をもってナビっているので、ま・いっかと思い、ガンガン進んで行った。

途中で三叉路に行き当たった時に、「一体どっち方面に行けばいいんや?」
と思い始めた違和感から、直感的に進んだところに、久しぶりに見たローソンに
なんとも言えずホッとして、
「あそこに入って、とりあえず、普通の、普通の地図を買おう!」と地図を買った。

なぜ? ここはどこ??? どうしたらここに来る?????
あぁだ、こうだと議論し、意見を述べている間に、こっちに行けばいいんやと言われたので、
もう、ちゃんとした地図があるのだからと安心して、ちょっと予定より遅れているから
宿に電話しておいた方がいいよと、連絡をした。
「遅れていますが、あと、30分くらいで着きますのでよろしくお願いします」

そして、今度は信頼できるナビに安心して、進んでいった。

ところが! 結構進んだときに、何事が起こったのかと思う声が聞こえた。
「やーらーれーたーbikkuri01!」

「どうしたんや???何があったんや???」
「全く思い違いしてたんや・・・・・・やられた・・・・・・田舎道は、もっと複雑やのに、この地図でさえ
書いていない道があるんや! 根本的に、最初のスタートのところで間違えてるんや!!!!!!!」

「??????????意味がわからん。あの三叉路のこと???」
「三叉路どころか、須佐神社や」
「はぁぁぁぁぁぁぁ????????ほんなら、道を帰ったら遠回りになるからっていってた所から
そもそも間違ってたんか???????」
「だってな、だってな、道があったんやもん、見たらわかるて、マジで」

実は、私はそんなことはどうでも良かった。ここらへんが男前で・・・・・・
「あ、そう。んじゃー、どこまで戻ればいいの? 何十分も走ったけれど、
 つまりはぁ、その須佐神社まで戻ったらええっちゅーことやな?
で、そこからは、もー、わかるっちゅーことやな?」
どうやったら、そんだけマンガのように間違えられるんや???と思いながらも、
あまりにの間違え度に、笑えてきた。

「こうなったら、なるべく太陽の光で道が見える間に、いけるところまで行く。
 また、迷うといけないからな」
私は、何作戦の隊長なんだ?

と思えるような言葉を発し、30分でつけるわけありませんと、こころの中で
宿に謝りながら、しかも雨が少し強くなった中、
「車でよかった・・・・」となぜか妙な感謝が湧きながら進んでいった。

マリンタラソ出雲にに着いた頃には、もう真っ暗だったけれど。

旅の友は、食事が終ったらまた、徹夜からぶっとおし仕事の影響がまた出て、
とにかくぶったおれるように、不自然な格好で、また深すぎる眠りに入っていた。

私は、せっかく来たのだからと、一人で部屋を出て、ロビーで「ハモネプ」を観ながら
コーヒーを飲みながら、明日のプランを練っていた。
石見銀山は手ごわいぞ・・・どうやって巡ればいいんだ?????と思いながら。

まだまだ、時間は早い、道の向かいにはショッピング・センターがあるらしいから
行ってみようと思って外に出たら、        暗い・・・・・・
夕方にはしまってしまう、地元専用のショッピング・センターらしかった。
少し歩けばローソンがあるけれど、ここに来てローソンに別に行かなくてもいいっか・・・
でも、立ち読みくらいしてみる?
いやいや、なんで? ここで???   しかも普段からしない立ち読みを????

そうだよな、そうだよな? 帰ろ

と、部屋に戻った。実は私だって疲れているに決まっているから、もー寝てしまえ!
そう思って、潔く寝ることにした。うしし

少し寝ていたと思う、夜中に目が覚めた。
波の音が聴こえる・・・・・・

せっかくだから、ベランダに出てみよう♪

真っ暗な海・・・・・・・・ポニョに出てきた波のようだ・・・・・・
怖い・・・・・・・波をあんな風に観たことはなかったけれど、宮崎監督ってすごいな・・・
ほんとうに波って、あんな風に、無数の手がムニョムニョムニョムニョって動くようになっている。
今はもう、あの波にしか見えない・・・
あの波はポニョを探し出すために、追ってきたんだよな?
なんか、追われて迫ってくるような波・・・・昼間とは全く違う顔をしている海・・・・

昼間は、他の様々なエネルギーが交差していてわからないけれど、
海のエネルギーって、こんなにすごいんやなぁ・・・・すごすぎて怖いよ・・・・・

ベランダに長居できずに、やっぱりとっとと寝る事にした。


朝になり、
太陽の光がさすと、海は一変して、陽のエネルギーになっていた。
タラソの海


よっしゃー! 今日は、世界遺産 石見銀山。
早く行って切り上げて帰ってきて、いよいよタラソテラピーだ笑い。


~次回につづく~




おすすめCD『Into the deep ~海の瞑想』は、
ここをクリック


ブログランキング参加中! どうぞ、クリックして下さい!






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。