お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10日は志摩への出講だった。

近くて遠いギリギリかなあ。
家を出てから、四時間半かかった。

本当は、日曜日の朝出て、そのまま帰ってくる出講だったのですが、どれ一つ、一本も乗り遅れられない過密な移動案によってだったので、初めて1人で近鉄特急に乗って行くには、気持ち的に、私には無理だと思った。

その気持ちの上でも、絶対に間違えられない状況は、逆に余裕がなくなり、見える看板が見えなくなり、わかる判断が鈍りがちで、余計に、逆に行きにくいはず。

降り忘れたら、名古屋まで行ってからでも帰って来れるで的なこころを持って、個人的に前日に入った。

余裕がこころにあるので、逆に何一つ迷わず、人に聞いたりもすぐしながら、楽しく行けた。

ただし、近鉄特急は、私には、少し、揺れがしんどくて、ギリギリ感もあって、お客様が少なかったので、私の隣は空いたままだったから、シートに上がって、横になって行った。

なんて態度が良くないんだろうと思われていたかもしれないが、しんどいんだから、そうさせてもらう

と思えた所が、成長だった

体力が、漏れるように消耗していく気がした。
ホテルに着いたら、地図で、ここは良い気だと思えたから行ってみようと思った神社に行くつもりだったが、休息しないと、無理だと思い、予定なんて変わってもいいし、何といってもメインは、明日のためなのだから、自分のエネルギーを回復する事が務めと考えた。

行こうとしていたのは、「神明神社」という神社だった。

詳しい場所や縁起を調べようとネットで見ていたら、私の行きたい所なのかは定かではなかったが、願いが叶うとかで、女子ばかりが多い

なんて事が書いてあり、うん、、、どうしようかなあ、、、と思えた。

弱り目に祟り目になるのを避け、ただただ、ゆるりとする事にした。

タイ式マッサージをお部屋で受けられる事に気づき、お願いした。
しんどいし、頭も痛かったから、遠くからと思って、足裏にした。
多分、タイ人の女性が来てくれた。

お部屋でマッサージ
これは、リゾート系の感覚なのか、ほぼオッサンなのか?

と、ふと、我ながら考えた
もしかしたら、オッサンなのかもしれない、、、
もう、ペイチャンネルを観たいか、観たくないか
くらいの違いしか、もはやないのではないかと思い、何か、可笑しくなった。

大浴場もあったので、食事をしてから、また一休みして、大浴場に行った。

食事は団体さんは、別室らしく、空いていた。私の隣では、添乗員らしい方がいた。
よくしゃべる人で、添乗員の世界が、かなりわかったかもしれないと思うほど、業界事情を語っていた

伊勢系の旅は、少し前までは、年配の方ばかりだったが、今は、若い目の女性がグンと増えたとか。

大浴場も、2人連れの女性や、1人で来ている女性もいた。
まあ、私も1人でしたから、そっち系かと思われていたのかも

翌朝、早く目覚めたから、北海道で使わなかったラベンダーのグッズを使って、今度は部屋風呂につかる。

ゆるりと、自分を整え、エネルギーを練る。

そうしていると、「神明神社に行こう」という意志が来た。

よし、じゃあ朝ごはんを食べながら、ナビタイムで調べようとしたが、何のことはない、そこからタクシーで5分。

よし
お参りしてから、実践会だ何ていい感じなんだろうというめぐりがつかめた。

タクシーを呼んで行き先を告げると
「○○のですか?」と知らない名前、、、
「え?よくわからないけど、すぐ近くの神明神社です」

「鳥羽のでなくてでいいのですね?」
「とーばー違います。ここから5分くらいの所にありませんか?」

「ありますよいやあ、女性の方だから、鳥羽の方かと、、、一応聞いてみたんですよ。最近、多いもんですから

「んなら、近くのは、女性が多いとかって場所とは別なんですね2つあるんですね
ラッキーむしろ、そっちでいいんです私が地図でピンときたのは、その人の行かない方のです

モヤモヤが晴れていくのがわかった。


「帰りには、また、タクシーは拾えそうな場所ですか?」
「いやぁ、難しいです、、、」
らしく

待っててもらう事にした。

着いた途端に、
「ここだよ」と思った。

誰もいないが、きちんと奉られていて、とても神聖だった。

階段を登り切ると、涙が出てきた。
ここだよ、、、地図で感じてた感じ、、、良かった。ここで良かったんだ、、、と。

鎮められた感じに
ご挨拶した。

本日、この近くにて集まりがあり、少しでも、みなさまのお役にたてますよう、私をおつかわし下さい。みなさまをお守りください。と。

背中に下から、しっかりとした、あたたかいものが感じられた。

あまりにも、ハッキリした感覚だった。

スキーっと晴れた。

やれるとわかった。
成されると。

そして、その通りだった。
盛り上がったと先方様に喜んでいだだけたし、個別にも少し話もうかがえたし、とても良かった。

私は、導管。
成されたのは、大いなるもの。

有り難かった。嬉しかった。

勉強させてもらって幸せだった


スポンサーサイト

『ベストキッド』のエエ話の後に
これを話そうとするあたりが・・・・・・・関西人でしょう・・・・・・

先週の土曜日
ヘトヘトだった私に
夫は、ごはんは何か買ってくるから作らなくていい と言ってくれた。
実は、基本
夫はこのように思ってくれている。

私は、できるかぎり
自分も 自分で作ったものを食べたいから頑張るが
そうもいかないことも しばしばある。

何を食べたいかを聞かれても
特に・・・別に・・・ という感じで少々疲れていたので、
お弁当屋さんに行ってくれる事になった。

『ついでに、DVD 借りて~来よ~っと
と、最近、特に忙しかった夫は、楽しそうだった。

そう、先月はすごかった。
夫の出張や研修が数回に渡り、また忙しさも
普段にも増していた。
そして、私もあちこちに行ってもいたし

私が帰ってきたら、今度は夫が出張へ
夫が帰ってきたら、今度は私が旅立ち
私が帰ってきたら、また夫が研修へ
夫が帰ってきたら、また私が旅立ち

そんな感じで、
久々に先週の土曜日に休んで、久々に同じ日に居たのだが
妙な事に、少しイラっとした。
うわぁ・・・・・・
あんまり あの距離感でも普通に過ごせる感じで慣れると
逆に、ちょっとイラっとしたりするかぁ・・・と
観察していた。

それがわかっているので、
ただただ観察し、特に夫にそれを伝えることもなかった。
私の中で起こっている事だ。
夫のせいではない。

これを夫が原因と思ったりする  という事は
一般的に多々あるのだ。
だから、解決しなくなってしまうのだ。

こうなる
「あんたが家にいるからよ」
「あんたが、私のペースを乱しているのよ!」
みたいな感じになるのだ。

まぁ、別のことでは
少々言い合ったが
もう一日のスタートがイラっとするのを体験したゆえ、
なんとなく、少し投げ返す言葉のボールは
強弓気味になったりするもので・・・・・・・

が、結局
相手に伝えたいんじゃーって事は伝え
自分の中の事だから・・・って事については反省するので、
お互いがそのように 大体生きているゆえ、
だいたい、短時間で終わる。

一つは、めんどくさくなるのです。
意地を張るのも、素直でないのも
所詮己の事なのに、相手のせいにするのも
無駄な労力ゆえ、
とっとと、自分に立ち返るほうが、めんどくさくない。
お互いが、そうなのかもしれない。

夫は、
イラっとして言うてるわけやから、
普段別に、そんな風に思ってないことでも、言うてしまうもんや~  と
自分の理不尽な言葉について、
語気はキツイままでありながら、こんなことを言っていた。

それを聞きながら思った。
そりゃー、最もな事だ。一理ある。

そう思ったら、
その理不尽な言葉に、要は、言葉だけがイラつきに合わせて浮上したような事に
言い返すような気はなくなる。

自分の影にファイティングポーズしているようなものであり、
煙に話しかけるようなものだからだ。


結局、別にお互いに理解できないわけでもないので、
何もなかったようになっていき
お弁当を買いにいくような所まで、一日は流れていったわけだった。


久しぶりにDVD観る時間が翌日にとれた夫は、
きっと、「さ~て何を観るかな~」と随分観ていたんだと思う。
なかなか帰って来なかった
弁当を買いに行ったんだじょーーーーーーー と少し思った


なんだか、沢山借りてきていた。
何を借りてきたか、嬉しそうに言っていた。
途中で
「自分の好きなやつだけ借りてきたんやろー」と つっこんどいた。
本当は、別にそれで全然ええやんと思うけど。

そこで夫は声を大にして言った。
「ちゃうでー
あんたの好きなやつも借りてあげようと思って、ちゃんとあんた用にも借りてきたんやでー」

えぇ? ほんまかいな?と思った。
一体、何が私が観たいものだと思ったのだろう?
一体、何を借りてきてくれたのだろう?

と思って聞いてみたら

ベストキッド

と自信満々で満面の笑みだった。

何でベストキッドなん? そんなに自信満々で?

ジャッキーやで~


うん・・・・・だから?

カンフーやで~

だから?

「しかも、ジャッキー、ちゃんと二枚借りてきたで~

何なん?
私にはカンフー借りてきたったら、喜ぶやろー的なイージーな発想なん???
何か、どーなん?
普通、女子にカンフー借りてきてたら えーやろ的なんて
おかしいやろ???

「どの口が言うてんの
よう言うわ。
感動もん  とか  恋愛もん   とかと   カンフーやったら
どっち優先なん
答えは、カンフーやろ
女子みたいなん、自分でも借りるわけないのに

と言われた。

まぁ、正解


今日会った、男友達にも言われたばかりだった。
本屋にて
「アバヤさん・・・手に取る本、
興味持つ目先の本、やっぱ  おかしいっすわ
僕と同じ目線ですやん。さすが、オッサンマインドですなぁ・・・再認識」   



そして、こうしてベストキッドに
静かに感じ入っているわけですから・・・・・・・・・・
正解・・・・・・・・・・・

悔しいです




『カンフーは、あらゆる動きの中にある・・・・・

ジャケットをどうやって着るか      どうやって脱ぐか

人にどうやって接するか・・・・・ 全てがカンフーだ。』


どこかで聞いた事があるような言葉でしょう?
いつも聞いている気がするかもしれません。

私がいつも
ヨガについて話している事と殆ど同じ言葉だった。


映画『ベストキッド』の中で
ジャッキー・チェンが演ずる師匠が弟子の子供に話した言葉。

子供は、同じことばかりさせる師に
なぜ、こんなことばかりさせるのかと聞いたのです。
しかも、カンフーを教えて欲しくて
強くなりたいと願っているのに

師匠がさせていたのは、ジャケットを着て
脱いで棒にかける、ジャケットを取る。ジャケットを落とす
ジャケットを拾う、ジャケットを掛ける
ジャケットを取る、ジャケットを着る

という動作のみ

それを繰り返して行う中に
カンフーの動作が入っている からだったのです。

ジャケットを家で掛けて片付けられなかった事から
それを取り入れたのだが、
日常の全てが、カンフーに通じている
という事、
特別な事の中だけにカンフーがあるのではなく
全てがカンフーなのだとまず、教えて行ったのだった。



私が、特に教室で話すのは、
みなさんの身体の使い方、
アサナをする時に
どう自分と対峙しているのか、一つ一つの刺激にどう反応するのか
を見たら
日常の全てがわかる

という事です。

例えば、何かが起こったときに
どのように対処する癖があるのか
どのようなことが弱点なのか
また、どのような事が得意なのか
また、どのように人と接しているのか

その全てが、
そのアサナでわかると。

そのアサナに対している
その対し方が、その人の生き方が
そのまま現れているからです。


本に書いてあったわけではない。
誰かの受け入りでもない。

私には、そこにいつも そうあって
そうただわかったから なだけなのですが、

ベストキッドの中の台詞は、
自分が教室の中で話す
様々なときに話してきた言葉が、そのまま似たようなまま
沢山あって、しみじみ、
自分がまた味わった。


『氣、内なるエネルギー。命の本質。我々の身体の中を駆け巡って内側からパワーを与えてくれる。』

『わかつた!フォースだ!スターウォーズの!ハンさんがヨーダで俺はジェダイ』


みんなは、何事も外から訪れると思っているが、内に全てある。
内側の流れ、内側のペース、内側を見つける事だ
ということを、最近特に話していたことも、この事です。

氣が外から得られると思いがちなのです。
しかし、この師匠の言葉のように
「内側から与えてくれる」ものだ。

また、スターウォーズの例えも
良くしているけれど、
子供が、師匠の氣の話で  フォースのことと一致させている。


また、
最近、あるサブトレーナーに話したこと
「私のままが みなさんに現れる」 という話。

彼女は、それはどういう事なのかを問うた。

説明したが、自分の内ではよくわからない
しかし、それはきっとそういうものなのだと彼女は感じていたように思う。

興味津々なのは
この説明にあたる事も
ベストキッドの中にはあり

カンフーを行じている女性と蛇が同じ動きをしていた事について
説明していたくだりは、それにあたる。

一つ違うのは、
私は、その女性行者のように静けさを得ているわけではない
という事だ・・・


ベストキッドを観たいきさつを話したいが
あまりに、この次元とは分けた機会にした方が良さそうなので
あえて、分けようと思う。






アバヤのネイルコレクション
ベージュで少し濃い色を作ってみた。
スワロは、ビンテージローズ

ネイル2011.07.06
京都府で採れた私と
奈良県で採れた友人との旅だった。

あらゆる時に
「イラっ」としているのに気づいた。

車のナビを指で押して、サクサク行かないと「おかしいな」となる

多分、普通なのだ

ナビが、自分が気をつけているより前に誘導をしないと
「どーなってんの」「遅

多分、普通なのだ

あげくの果てには、
「北海道のやつやし、遅いんや、きっと」等、多分絶対に違うが、何か自分が納得のいく理由を、二人の間で見つけていく、、、

お互いに確認した。
イラつくけど、怒っているわけではないんだ、関西人は
と。

「怒ってるの?」と言われるだろうけど、怒ってはいない。
イラついているだけだ。

関西人の中では、これは微妙に違うと確認した。

時間さえ、無駄な事が嫌なのだ。
勿体ないの精神の、ちょっとした歪みなのだ、、、

「イラち」なんだ。

最終、
「なんでやねん」の集大成が起こった。

ガソリンスタンドにて。

レンタカーを返却する前に、ガソリンを満タンにしなければならないゆえ、セルフのガソリンスタンドに行った。

5000円投入した。

10リットル
20リットル
30リットル
40リットル


「満タン」
のボタンがあった。

「満タン」を押した。

30リットルですがよろしいですか?

と聞いてきた。

?????

「何やねん?満タンて押したやんなあ?」
やり直した。

「満タン」と押したのに
30リットルですがよろしいですか?との表示。

2人は顔を見合わせた。

「満タンて押してるやん
「30リットルかどうか知らんよ
「どういう事
「この車の満タンまで入ってくれたらえーんちゃうん
「5000円で満タンには足りないと意味なんか
「んなら1万円入れるしかないかあ

一万円を投入した。

ガソリンをいれはじめた。
シュルシュル、、、ガチン

すぐ止まった。

14リットル

2人は同時に叫んだ。しかも、デカイ声で。
「なんやそれ

なんでやねん
じゅよんて何やねん
んなら、30やけどええかとか聞いてくんなや
5000円で充分やないか

腑に落ちないまま、車を出して、そして、金銭的に納得いかない事を放置しておけるはじもない関西人2人は、頭をしぼった。

「何や?この納得のいかないモヤモヤは?」と

そして、関西人の気質との違いなんだ、こういう所も違うんだという事で納得した。

私たちは、満タンいうたら満タン。
この車の満タンまで入れてくれ
ていう意味で

そこには、この車の満タンまでは何リットルかどうかとかではなく、満タンいうたら満タンなんだと。

関西人は、金銭に細かいと言われがちだが、そうなのではないんだと。

自分の価値観があり、調べてたり、また個人的な感覚もあり、それに見合う価格で購入したいのだろう。

だから、価値があると見込んだものに金のいとめはつけないのも、また、そうなのかもしれない。

私たちが違和感を感じたのは、
満タンいうてるのに、何で、何リットルとか聞いてくるんか

が余計だったのです。関西人にとっては。
何リットルか知らんけど、満タン言うたら満タンやねん。
それにかかった費用はなんぼやっても、大概でわかってるから、払うっていう事なんや

て事。

そこの違いなんでしょう。
満タン
言うてるのに、細かい事言うてきたら、イラっとするのだろう。

バカにしてんのか的な、気の抜けるような、心意気を折られるような、何とも言えない、関西人気質を砕かれる感覚だったのだろうと合点して、北海道をとびたちました。

再認識満載だった。

ファンキーである
関西人は
北海道をなめんなよvol.2に行くまでもなく、関西人だという事に、まざまざと気づかされた事が多々あった。
ヨーガ療法学会で言われた事

声がデカイ

関西人同士の話すスピードが弾丸のように速く、また、会話がどんどん展開していく

普通に話しているのに、普通の事を話題にしているのに落ちがある、しかも二段落ち、三段落ちになること

笑い声がデカイ

無意識に突っ込んでいる

短時間の間に、関東勢が言ってくれた事でした。

話をどうやって組み立てるの?
考えた話を話しているの?
なんて質問もされた。

考えた話をしている
なら完全にネタやないか

と思いつつ、いいや関西人は、自然にやってるよ、、、

ヤバいできごとや、困ったできごとの最中にも、すでに
「絶対使える」と泣きながらも、汗だくになりながらも、ほんの少しだけでも、余裕ができたら、すでに考える事ができる

しかし、これも
話す人がいる事、話す場がある事だけでなく、それをする「繋がり」を感じている、感じたいという度合いがデカイのでしょうね

私は、本当はあまり「関西人」だとかいう自覚がありません。
(すみません、、、お前が言うなとヤリのような攻撃が思い浮かびますが、、、)

京都府の田舎で育っていますゆえ、どこか、大阪や京都の街中の人を関西人なんだという勝手な思い込みからです。

が、
あげくの果てには
「この人、、、いつも上沼恵美子に似てると思う。そっくりやんしゃべり」と言われた。

「それは、どう受け止めるべきなんおばちゃんいう事なんやろか?何か、思うほど嬉しないんやけど
と言うと

「何言うてんねん上沼恵美子は、関西では“神”やろええに決まってるやん

「ええあ、ありがとう」と言ったし、めちゃくちゃ光栄だったが、何か、あらがいたい気持ちか?そんなもんが、少しあった


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。