お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバヤの男友達のお話で、以前に出てきた
O型の先輩。

アカデミックな話が好き
笑いが好き
酒が好き

ゆえに、
おもろない話、落ちのない話は
「お前、そんな話おもろいと思ってんのか?」
と、
「私は何の説教を受けてんねん・・・
野球部のマネージャーなんじゃ、私は」

と思いつつ過ごしたものだ。

まだ、このブログには登場していない男友達「アニキ」にも
常に
「落ち」があるかないか
落ちのつけられる話し方かどうかを
いつも審査されていた。

なんでやねん・・・・・

年齢の上のOやアニキには、
いつも、話には落ちがあるべきだと
日々の暮らしの中でいつも育てられてきたように思う・・・・

そんなOは
動物行動学を学んでいたし、本当はもっと専門的に勉強したかったんだと思う。

よく、
「そんなもんお前、動物行動学的には」
と、これまたよく指摘されたものだった。

「しらんがな・・・」

こころの中では思いながらだったが、
彼には差別心がなかった。
それは、人類も動物も虫も
生物として見ていたので、そのたった人類の中で
人種だとか国籍だとかちまちました性格がどうのとか
動物行動学的に観たら、さほど大した事ではなく
みんな大概おおきく一つで、
なんぼのもんじゃい と思っていたのだと思う。

当時、
様々な事柄を
動物行動学的に私達の行動や何かを捉えるなんていうのは
とても私にとっては新しい視点だったし、
斬新だったし、
はじめはどこか  ぶっとんだ視点だったけれど、
聞いていくうちに、
確かになぁ、確かになぁと思っていくのだった。

しかし、確かになぁというのも悔しいので、
「また始まったで」とちょっと迷惑そうにつっこみながら
内心は、ちょっと興味深かった。

そんな影響は、
もともと差別心のない親の元で育てられたものなので、
根付きやすかったのか
私の気づかない間に
良い影響として肉になっているような気もする。

そんなもん、みんな同じやし
何で肌の色が違うだけで
何で文化が違うだけで
みんなアバウト一緒やっちゅーねん

こころの反応が違うだけやっちゅーねん

と思う
一つのスケールとしての考え方として馴染んだのかもしれない。


10月に
長谷川 眞理子さんという進化生物学者の講演がある。
専攻は、行動生態学、進化生物学とのこと。

Oの好きな分野なんじゃないだろうか?
と思った。

この分野に一般人である私には面白い講演かもしれないけれど、
彼にとっては、
当たり前の話なのかもしれないので
果たしてどうかわからないが
知らせてみた。

いちいち、彼の口から
あれこれ説明を受けて、
また、それを昔のようにずーっと聞かされるのは
めんどくさいから、
一緒に行ったとしても話をそらしてやるぞ
と思いつつも

知らせてみた。

スポンサーサイト

第一回摩耶学園アナサ実践会まで
一週間をきりました。
着々と準備をすすめております。

助講師、助手のみなさまと
少しでもみなさまのリラックスタイムに
学びの機会にと
準備をすすめております。

どうぞ、お楽しみに♪


前の分は、
まだ、何が「生き易い掃除機」なのかまで
話がいたっていないままになっているのに気がついた。
あとで書こうと思っていた文が、
そのままになっていた

そのうち、書き込むので
「生き易い掃除機ってなにだろう???」
と想像していてください。

別に大した事ではないのです。
ただ、生きやすい工夫  の一つなのですよ

私は、弱点のかたまりです。

でも、やりやすいこともあります。

また、私は虚弱からの人生のスタートで、いまもって、その影響を日々受けています。

そんな私でも、「私」をよく知る事と工夫と努力、それをたまには嘆き、しかし嘆きながらも努力した時の達成にしあわせを沢山味わいながら生きています。

昨日、テレビで脳科学者の茂木先生が言われていました。

天才と言われる人は、努力しなくても才能があったなんて人ではないと。
努力を人一倍した人なんだと。

努力しないでできるというのは、脳は喜ばないし、成長もしないんだと。

天才と言われる人でさえ、実は、努力のたまものなんだから、凡人は、いかに努力を楽しむかを工夫して、死ぬまで努力を忘れず、脳にハッピーを与えることだと思います。

努力自体が嫌だという人は、多分、努力をした事が、実はないのかもしれない。それか、自分にふさわしくない理想を掲げ、高慢さにやられているのかもしれない。

なぜなら努力すれば、ほんの少しでも、必ず、何かが変わる。時間がかかっても。

その時に、脳が活発になるという事は、すなわち、こころがハッピーを感じている

愛する人びとへ

何も恐れることはない。
心とは乱気流のように定まらないものだ。
しかし、たゆまず瞑想し、
宇宙の偉大なパワーを思えば、
完全に心の波を鎮める事ができる。

           スワミ・シバナンダ


今回はちょっと簡単に薄いピンクの
ラメフレンチ


2010.09.10ネイル

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。