お知らせ

プログ再開しています♪よろしくお願いします☆

ご案内

ヒーリング・スペース・アバヤでは、ヨーガ、バッチフラワー・レメディ、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコセラピーを行っております。

アバヤ

Author:アバヤ
ヒーリング・スペース・アバヤへようこそ!
ヒーリング・スペース・アバヤでは、神戸、尼崎、伊丹で、
ヨーガ、バッチフラワー・カウンセリング、アーユルヴェーダ・セラピー、サイコ・セラピーをさせて頂いております。

★インド中央政府公認ヨーガ・セラピスト                   ★インド中央政府公認ヨーガ教師            ★日本ヨーガ療法学会ヨーガ療      法士                 ★NPO法人国際ヨガ協会 教育本部師範代               ★NPO法人国際ヨガ協会北京都支部摩耶学園学園長        ★バッチフラワーレメディ・セラピスト                   ★バッチ国際登録プラクティショナー                    ★アーユルヴェーダ・セラピスト

カテゴリー


FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新の記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック


FC2チャット


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、みなさま。
インナームーブ133号が届いています。
既にお手元にある方もいらっしゃいますが、まだの方もいらっしゃいますね。
順次お手元にお届けいたします。
お楽しみに。

この小冊子、
私も長い間愛読しているわけなのですが、
私が生徒だったころ、読むことにも長けていたのか外胚葉な私は、先生がゆっくりと説明してくださるのを、耳に入れて納得しながらも、
先々と、どんどんページをくって読みながら、
先生の説明も聞いていた、何とも次々にと事を運んでしまうインパチエンス(バッチフラワー18番)
性質も手伝ってか、そんな風に読んでいたのを思い出します。

それでも、やはり
興味のあるところと そうでもないところが、その都度ありました。

でも、ある日、ふとした一言が飛び込んできて、興味がないと思っていた所を読んでみると
とても目からウロコだったり。
そんなこんなで、毎月毎月は小さな小冊子かもしれませんが、
それを毎月毎月少しずつ読んでみたり、体験することで
あなたの数年後、何もなかった事を思うと大変な違いがあることと思います。
これは、私の体験上の実感です。

難しいヨガの本、哲学書なども読みあさっていた当時の生意気な私にとって
インナームーブの内容は、軽く思える事もあったり、興味が強くなかったりしたこともありました。
しかし、やさしい言葉の中にこそ、奥深いものがある事を
読み物や知識の中にいた私が、それらが体験として少しずつ少しずつ
プチ悟りが積み重なった後には深く思えたものでした。

インナームーブは、今日からヨガをはじめられた方にも読んでいただける、
また、ヨガ指導歴数十年の先生も、あらためて気づきを得る
そんな、日常でヨガを生きるからこその、情報があります。

教室の中だけで、知識の中だけで行われるヨガではない情報なのだと気づいてから、
私は、あらためて   この小さな情報誌が沢山の、様々な人、
一人一人に何かが届くような、一方的ではない、多様なものを満載しているような気がして
また好きになっています。
みなさんも、ぜひ、教室で一緒に読みきれないところは、
ご自分で読んでみてくださいね。

それから、今月からは、私もプチコーナーに原稿を載せていただいているので、
どうぞよろしくおねがいしますheart02m( _ _ )mheart02







ブログランキング参加中! どうぞ、クリックして下さい!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ


アバヤのウェブサイト
Healing_Space_Abhaya(ヒーリング・スペース・アバヤ)

おすすめCD『MdM』 ~Music deep Meditation~は、
ここをクリック

スポンサーサイト
インナームーブ132号では、アーサナについては
前屈のポーズ~立位をとりあげています。

上体を「吊るし柿」になったような感性で、
ゆるめてみよう  という事です。

それによって、背骨の存在が、とてもハッキリしてきたりします。

上体をゆるめる  というのは、案外難しいものです。
ゆるんだ上体を体感できていないと、
ゆるんでいると思い込んでいるだけで、筋肉に沢山の緊張を強いたままになっている事でしょう。

立ち前屈も 床に腰を下ろして行う前屈
足の後ろが、全体的に痛かったり、ダル痛かったりする方、
誰でも痛さや刺激は感じますが、特に滞りを伴ったり、いつも固さを感じながら
なんだか、どうしようもない感覚が多かった人などは、
膀胱系の弱い人かもしれません。

気になる方は、一度、お教室の時に、アバヤ先生に質問してみましょう花


経絡の膀胱系が弱いというのは、
内臓の膀胱が弱いとか、膀胱が病気である という事に
直接つながるわけではありません。

我々の捉えたいのは、未病という状態。
そして、その状態の時に気づいて、ケアしていこうとしているからです。


前屈のポーズのための 身体ほぐし
としては、

1.仰向け片脚引き寄せ
2.ネコのポーズ2番からの回転
3.組んだ脚の回転
4.牛面のポーズ

が用意されています。


自分の思うままにしてしまうと、働きかけが適当なものではなかったり、
いためたりしてしまいがちです。
各教室で、個人個人への指導をアドバイスを丁寧に受けて
やってみましょうねにっこり



自分の身体と、その反応
体の声を、今月はこんな方向から聴いてみましょう音符




ブログランキング参加中! どうぞ、クリックして下さい!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


アバヤのウェブサイト
Healing_Space_Abhaya(ヒーリング・スペース・アバヤ)




おすすめCD『MdM』 ~Music deep Meditation~は、
ここをクリック




 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。